上場企業で働くパパの家計公開!~家族資産目指せ3000万円~

上場企業で働くパパ(私)の家計を公開(赤裸々)するとともに、資産形成に向けた取り組みやノウハウを紹介していきます!

みなさん車はもっていますか?

こんにちはー!としろーです!!

ここ最近は朝の通勤が寒くて寒くてかないません。まじでコート着ていこうか悩む今日この頃です。やっぱりまだ身体が慣れていないせいでしょうか。

最近は、「寒暖差アレルギー」という言葉を聞くようになり、「いや、なんでもありかい!?!?」と感じたのを思い出しますが、案外、そういうものなのかもしれません。

 

今日は、「車」について考えてお伝えしていきます。

 

そもそも車を持ったほうが良いのかどうか

この考え方については、単純なコストや費用対効果面からの視点や、趣味や個々人の価値観といった視点と、いろんな意見があると思いますので、一概に言えないと思いますが、私的には「車」がない生活は考えられないと思っています。

まず、私の生活圏内には公共交通機関としてバスしかなく、都心でよく見かける気軽にレンタカーできる環境も整っていません。また、実家に帰るのも車がもっとも時間的・コスト的に良く、公共交通機関とは比較にもならないレベルとなっています。

最大の理由は、子供がまだ小さいので車の利便性に勝るものはありません。

むしろ、「車」なしでどうやって生活するの?って感じです。

f:id:OneTera:20211014220337j:plain

 

車を持つためのコストはどのくらい?

それでは、車を所有した場合のコストはどの程度となっているのでしょうか?

やはりコスト的には大きな支出と思っていますが、具体的には次のとおりと見込んでいます。仮に、20~70歳の50年間所有した場合で考えてみましょう。

 

 ①車両費用:300万×5=1500万円(10年に1回買い替え)

 ②ガソリン代:月8千×600月=480万円(月8千円程度)

 ③保険代:月3千×600月=180万円(任意保険)

 ④駐車場代:0円(マイホーム)

 ⑤車検:15万×4回=60万円(ミニバン相当)

 ⑥自動車税:6万×50年=300万円(ミニバン相当)

 ⑦その他消耗品:2万円×50年=100万円(経験則)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 計 2620万円

 

そのため、月あたり約4万4,000円となります。

いかがでしょうか?高いのか安いのかは人それぞれの価値観や費用対効果によって印象は異なると思いますが、実態として生涯コストは安くないということがわかります。

(かといって持たないという選択肢もないが。。)

 

賢い購入方法は?

コストを下げる一番の方法として、車両本体の価格を抑えることに尽きると思います。そこで重要な考え方としてリセールバリューを意識するということが挙げられます。

最近はいろんなところでこの言葉を聞くようになりましたが、特に顕著なのは、トヨタアルファードがバカ売れしている!ということは聞いたことがあると思いますが、まさに、このリセールバリューが浸透・意識され始めた結果といえます。新車価格が3~5年後の売却においても大きく値崩れしない(中古品は海外で販売されるなど、海外では非常に人気のある車種だとか)とのことから、リセールバリューが高いとして人気を博しています。

f:id:OneTera:20211012203654j:plain

逆に言えば、普通の車は、新車→中古車となることで大きく値崩れするということなので、購入価格の低減とリセールバリューの両立を図ろうと思うと、基本は中古車がベターな選択となることがわかります。

車両は、資産としてとらえれば、購入した瞬間から値崩れする商品は投資家としてはNGですよね。そのため、購入にあたっては、可能な限り一括での購入がベストなことはおわかりいただけると思います。

 

まとめ

 〇車は必要不可欠。

 〇しかし必要なコストは十分意識すること。

 〇コスト低減は車両本体の価格を抑えること。

 〇コスト面からのベストは中古車。

 〇資産があればリセールバリューの高い新車もあり。

といった感じでしょうか。

みなさんはどのように思いましたでしょうか?極端な意見で、車は持たないほうがよいという声もありますが、現実問題、非常に非効率となり相対的に割高になるのではないかと思っていますので、車を持っている(持つ)前提で経済性を評価することをおすすめします。お互い上手な運用方法で家計改善に努めましょう。

f:id:OneTera:20211009212618j:plain